形を変え、時代を超えた人々の営みの結晶 時の流れと共に変化を遂げた母屋。
江戸時代末期から現在に至るまでの人々の営みを、 和洋折衷様式の建築の中に垣間見ることができます。


【1月18日(土)及び2月15日(土)開催コンサート入場整理券配布のご案内】
第227回・第228回耕心館サロンコンサート『YAMATO String Quartet叛逆の音楽「ベートーヴェンからロックへ」』第一夜・第二夜につきまして、当日の混雑が見込まれますため、誠に勝手ながら入場整理券を配布する運びとなりました。チケットをご予約・ご購入がお済のお客様は、以下の詳細をご一読頂きますよう、お願い申し上げます。

①1月18日(土)、2月15日(土)いずれも10:00~18:00まで、耕心館事務所にて、【入場整理券】を配布いたします。
チケットご提示のうえ、整理券をお受取りください。
※予約のみでチケットがまだお手元にない方は、当日お支払いの上整理券をお受取りください。
③代表の方が複数の方の整理券を受取られる場合は、整理券が必要な方全員分のチケット番号が必要となります。お調べいただいた上でご来館ください。
開場時間の18:00に、整理券の番号順にお呼びしますので、その時にはご本人が必ずいらっしゃるようにしてください。もしいらっしゃらない場合は、番号を飛ばして次の方をお呼びしますのでお気をつけください。
⑤18:00以降、整理券順のご入場のあとは、整理券をお持ちでなくても順次ご入場いただけます。


施設の紹介

周囲に塀をめぐらし、豪壮な母屋と二棟の土蔵から成るこの邸宅は、屋敷森に囲まれ、武蔵野の旧家のたたずまいを残しています。母屋の原型は、江戸時代末期の築造で、当時豪農として、その後醤油醸造業、養蚕業が営まれました。現在の2階は、演奏会・展覧会のための整備がなされましたが、養蚕のための家屋構造が確認できます。離れ和室は、大正時代に増築されたもので、特に和室の書院障子の木組みなどは、大正時代の建具の実例として貴重なものです。

運営者からご挨拶

 守られた伝統、繋ぐ文化、生まれる芸術、ここから。 心を耕すことが大切と「耕心館」と命名され、守り、培い、繋いできた文化、そして、新たに創り上げていくもの、これからも耕心館ならではの企画を実施してまいります。 また、皆様の芸術活動の発表など、新しい文化の発信の場としてご利用いただけます。 お気軽にご相談ください。 おくつろぎに、コンサートに、芸術と、いろいろな耕心館をお楽しみいただけます。  皆様のご来館をお待ちいたしております。

東京都西多摩郡瑞穂町大字駒形富士山317番地1 Tel:042-568-1505 , Fax:042-568-1506
開館時間:10:00〜21:00
くつろぎの間(ストーリア)営業時間: 10:30~21:00(ラストオーダー20:30)
休館日:第3月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

瑞穂町観光情報 郷土資料館
プライバシーポリシー
※「瑞穂町の指定を受け、耕心館の指定管理者としてアクティオ株式会社が運営・管理をしています」